お客様インタビュー

もう迷うことなく、次も新井さんだよね(笑)。

私、新井を知るようになったキッカケはなんですか?

ご主人:
長年担当してくれてたトヨタのディーラーの人が定年でやめて、中古車販売のお店をネットで探してました。

ラインアップのホームページで、動画を見て、新井さんを知って、初めてお店に来た時に、偶然 新井さんが来てくれて「あ、ラッキーだな」と。

自分で説明してるから車のことよく見てる。その道のプロだったんで、この人は売るだけじゃなくて、車のことを知って説明をしてくれるなと。安心して任せられたね。

私のことを初めて見たとき、正直どんな印象でしたか?

ご主人:
特に自然体ですよね。とにかく、「私は、営業なんです、売りたいんです、買ってもらいたいんです」みたいなところが一切ない。「売りたい」が一切ない。そこが私は一番気に入って。

最初の印象って、とっても大事じゃないですか。私は、気に入らなければ帰る性分だから(笑)。あともう一つは、知らないことはなんでも聞いた。そしたら、新井さんが「それはこうですよ、ああですよ」って言ってくれて、その説明に無駄がないですよね。だから安心できたのが一番だよね。

「売りたい」」が一切ない。そこが一番気に入って。

なぜ、今回、車を買い替えようと思ったのですか?

ご主人:
まだ前の車は乗れました。でも、あと10年から15年のうちに何回乗り換えられるかって考えたら、あと2度くらいかなと思ったんですよ。だいたい1回で6年くらい乗りますから。

そういうことで、今年か来年の車検の時が買い替え時かなと。だから切羽詰まって、なにがなんでもっていうわけではなかった。「いい車に出会えれば...」という程度に思っていました。

「いい車に出会えれば...」という程度に思っていました。

買い替えるまで、どんなことが気になってましたか?

ご主人:
今までも新車って乗ったことがないんですよ。中古車ばっかり50年近く乗り継いで。だけどなぜかね、全部当たりなんですよ。

それは、トヨタのディーラーだから「これは前回お客さんが乗ってた車です」って持ってきてくれるから。だから悪いところもいいところもあるんだけど、悪い車じゃなかったんですよね。

ただし、こういう中古車専門店にくると、どっから来てるかルートがはっきりしない。

だから、最初に車ありきじゃないんですよ。選ぶんだったらどこのお店にするかっていう、お店の実績と信用が先だったんですよ。

やっぱりね、中古車業界っていうのが初めてだったから、ディーラーとの違いがあって、不安の方が全然大きかった。それで最初から疑ってかかってたね。

選ぶんだったら、どこのお店にするかというのが先だったんですよ。

私に依頼するまでに、迷ったことや躊躇したことは、なんですか?

ご主人:
それはないです。この人は、確かな車しか出さないなと。それと、社長の理念とかいろんなのを見てると、「きちっとしてる会社だな」という印象を受けました。

そして何より、社長さんは、「人を大事にしてる経営者じゃないかな」と私は思った。だから、皆さん落ち着いて仕事をされている。すごく人を大事にして、育ててるなぁって気がしたんです。

不動産と一緒で高きゃ高いなり、安けりゃ安いなりだと思ってるんですよ。私は、何も迷わなかった。新井さんだったからほんとにラッキーだったね。
それまで会社で人事部にいたので、人を見る機会が多かった。それで、たくさんの営業マンを見る中で、私が気に入る人間っていうか、〇をつけた人間っていないんですよ。みんな営業なんだよね。「売りたい」っていうね。

ここの社長さんは、「人を大事にしている経営者じゃないかな」と思った。

私に頼む上で、決め手となったことはなんですか?

ご主人:
新井さんは、整備も営業も両方ともできるから、だからよくわかってるんだよね。この人ならば信頼できると思った。それが決め手です。

整備も営業も両方できているから、信頼できる。

今回の買い替えの件で、印象に残っていることはなんですか?

ご主人:
やっぱり、買い替えの件より、こういう経営者がいるんだってことですよね。まずネットで検索。確かに間違いはないなと。正直な経営ですよね。で、いいものしか入れてない。

経営者が選んで選び抜いた車。自分で自信のない、決められない車は持ってきてない。全部自分で汗かいてますよね。

それは、責任がなかったらできないよね。車悪いんだったら俺が責任とるから、ちゃんと売るんだぞっていう。安心して、そこの線は自分の役割、この線はあなたの役割みたいなはっきりしてる。だからそこがやっぱり違うなぁと。

それとやっぱりね、この場所でよくやってるなぁと最初に思った。122号線沿いとかにお店いっぱいありますよ。そうするとお客もその中から選んで行くよね。

ここは、わざわざここまで来なければないお店ですよ。それを10年、10数年もやってるなんて、これは並大抵じゃないですよね。

この場所で10数年やっている、並大抵のことではないですよ。

今回、一番よかったことはなんですか?

ご主人:
安心して人に勧められますよね。やっぱり本物志向だよね。

すべてがごまかしのきかないプロ集団だよね。売る方もプロで、営業じゃないんだよね。「ちゃんとした車を売りたい」「お客を裏切らない」っていうね。

ラインアップさんのこと、知らない人が多いから口コミとか、同じ人が何回もリピーターとして来るとか、自分の家族とか親戚とか知り合いとかね、「あそこ行った方がいいよ」って勧めるの、結構あるんじゃないかなって。

もっと早く来るんだったな(笑)。そしたらもっと楽に、あの車が手に入ったのに。

もっと早く来るんだったな(笑)

ご家族の方はなんと言ってましたか?

ご主人:
あっさり決めたから、うちの女房はびっくりしてた。

意外と慎重というか、いつも一発で決めないから。他の何か買うのでも、あーでもないこーでもないって言って、じゃぁもうちょっとよそも検討しようか、みたいになるんだけど、今回それは一切なかった。変な駆け引きしてないから。

他のところは、今日買ってくれたら、これ付けます、あれ付けますって言って急がせるじゃないですか。

別に、買わなくたっていいよなんてことは言わないけど(笑)、「気に入ってくれたら買ってくれればいいんだから」っていう感じがよかったですよ。

だからすごい決断早かった。やっぱりわかってますよ、女房も。長いこと一緒にいるから。

「お父さんが気に入ったのは、車もそうだろうけど、新井さんもそうだし、何より経営者が立派だよ、この会社は。」って言ってたね。

「お父さん。新井さんも信頼できるし、それに何より経営者が立派だよ、この会社は」

車を買った今、改めて、どんなお気持ちですか?

ご主人:
もう不安がないってそれだけです。それとやっぱり、こういう会社ってあるんだなって。だから、いつまでも続けてもらいたいなぁと思う。

何かあったとき、または次のことがあるとき、こういう安心できる会社があるのはすっごい大きい。日常的なものじゃなくて、非日常的だから。数年に一回だからね。だけどもう迷うことなく、次も新井さんとこのお店だよね。

新井:
林さん、今日はインタビューありがとうございます。 「すべてがごまかしのきかないプロ集団だよね」といっていただき、あらためて、しっかり仕事をしていこうと思いました。ホームページで書いてあることと、自分たちがやっていることが、いつも一致するように、これからも意識していこうと強く思いました。
これから来るお客さんには、林さんが感じられたように、よろこんでいただけるよう、接客していきたいと思います。
今日は、お忙しいところ来ていただき、ありがとうございます。

こういう会社があるんだなぁって。いつまでも続けてください。

絶対に失敗しない
ミニバン中古車の「選び方」がわかる
無料相談をあなたも受けてみませんか?


安心して乗れるから、今は「いってらっしゃい」って(笑)。

質問にも、丁寧にお答え頂いて、不安は完全になくなりました。

埼玉県志木市 篠崎様

詳しくはこちら

ずっと欲しかった大きな車で、みんなで出かけるのがうれしいです。

保証もついててこの値段なんで、誰に言っても「いいなぁ」って言われますね。

埼玉県所沢市 綱川様

詳しくはこちら

いいところ、悪いところをちゃんとそれぞれ教えてくれて、「なんか正直だなぁ」と。

外装・内装共に、10年経ってる車とは思えない綺麗さで(笑)。

埼玉県所沢市 藤崎様

詳しくはこちら

喜びが納車の時に爆発したので、よかったです(笑)。

何か起きたらちゃんと対応してくれるっていうのが、要は一番の安心ですよね。

埼玉県新座市 木村様

詳しくはこちら

こちらの想いを大事にしてくれる人を、迷いなく選択できたことが、よかったなぁ。

何か起きたらちゃんと対応してくれるっていうのが、要は一番の安心ですよね。

埼玉県川口市 秋田様

詳しくはこちら

YouTubeで、アルファードの動画を見て、「俺もこれ、やろうかな」と、楽しみです。

小原さんにお願いすれば、車の状態は見極めてもらえるんで、安心して買える。

埼玉県戸田市 塚越様

詳しくはこちら

話しやすさが全然違うもんね。だから小原さんのとこに来てすぐに決めちゃった(笑)。

車の中見たら、「なにこの車?」というくらい、ものすごく綺麗だし。

埼玉県新座市 浅利様

詳しくはこちら

「親を旅行に連れて行きたいね」って、妻とも話しているんですよ。

「なんかあったら、ラインアップさんに来ればいいね」と主人と話ができて、安心だなぁと。

埼玉県朝霞市 菊池様

詳しくはこちら