外装チェック

【ムービーvol.3】☆外装チェック編☆

ラインアップ代表の野瀬です!

外装のチェックはコツさえ分かれば難しくないので動画をご参考にしてお役に立てれば嬉しく思います^^

外装チェックで押さえておきたい3つのポイント

1、車体を斜めから見ることで小さな凹みなどをチェック

2、フロントガラスを注意深く見て飛び石やヒビをチェック

3、タイヤはハンドルをめい一杯切って残り溝やひび割れ硬化をチェック

ボディ全体を斜めから見ると小さな凹みや塗装跡などよーく分かります^^

 

フロントガラスは注意深くチェックが必要です。飛び石やヒビ割れ、リペア跡をチェック

ヘッドライトの曇り、水滴、などもチェックしましょう

 

【代表野瀬はここをチェックする!】

ボンネットの左右の隙間など各パネルの隙間をチェックします。

なぜかと言いますと、修復歴(事故歴)の有無に関わらず過去にパネル交換している場合や板金塗装している場合には一度パネル類(ボンネットやフェンダー、ドア、リアゲート、バンパー等)の脱着をしているので各パネル類の隙間や立てつけをチェックし、大きなズレが無いか確認しています。オークション検査員といえども見落としがある事もありますので、大きなズレなどある場合は無事故車だとしても疑って深く調べていきます。