【中古車】在庫処分だからお買い得は嘘である、これだけの理由

みなさんこんにちは。埼玉県入間郡三芳町にある、格安中古車販売、ラインアップ代表の菊池です。

百貨店やアパレルショップで『夏物在庫処分SALE!50%OFF』とかやってますよね。

良いものを少しでも安く買いたいのは誰もが思うところで、中古車みたいに数十万円~数百万円と、通常の買い物より高額なものになればなるほど安く買いたい心理が強くなるのは当然だと思います。

ディーラーや中古車販売店でも『在庫処分プライスダウン!!』みたいなSALEを開催していたり、商談中に営業マンが「このお車は長期在庫なので契約してもらえるのならば在庫処分価格でご提供しますよ!」など、【在庫処分だから値下げする】といったセールやセールストークを耳にすることがあります。

希望小売価格1万円のジーンズが在庫処分で5千円に値下げされていたら、これは間違いなくお買い得です。

同じように、100万円する中古車が在庫処分で90万円に値下げされていたらどうでしょう?

「10万円も値下げされて安く買えるのだからお得な中古車なんじゃないの」こう思う方が多いのではないでしょうか?

ですが、本当にそうなのでしょうか?

2021年8月に創業17周年を迎えるラインアップ代表の私が、業界の裏事情を説明したいと思います。

中古車販売店はほとんどの場合、オートオークション(車の市場)から車を仕入れています。

展示場に並べてある商品車はこのオートオークションで競り落とした車になります。

すぐ売れればよいのですが、なかなか売れず売れ残る車があり、通常3カ月過ぎるといわゆる長期在庫の扱いになることが多いです。

通常、100台展示している中古車販売店があった場合、平均的な在庫回転率は30%なので、月販30台になります。

要するに、3カ月で一回転(回転率100%)させるのが平均的な中古車販売店なので、仕入れてから3カ月を超えると長期在庫になり、処分しようとするわけです。

ここで登場するのが、『在庫処分SALE!』『長期在庫だから買ってくれるなら○○円値引きしますよ!』これです。

でもちょっと待ってください。

目次

中古車販売店はどうして長期在庫を値下げしてまで処分したがるのでしょうか?

 

答えは簡単です。

仕入れた時よりも相場が下がっているからです。

中古車は日々相場が変動するものであり、基本的には下がり続けてゆくもの。

例えば、3カ月前に100万円で仕入れた車が今の相場では90万円に…

回転率を重視する中古車販売店では、本音ではオークションに戻し売却して違う車を仕入れたいのだけれども、3カ月前に100万円で仕入れた車は今オークションで売ったら90万にしかならず、10万円の損が発生してしまう。

であれば、どうするか?

そうです。在庫処分SALEです(笑)

3カ月前に100万円で仕入れた車の店頭プライスは120万円だとします。それを10万円値下げして110万円にする。売れれば当初より薄利ながらもプラスで終われる。

オークションに戻すとマイナス10万円ですから、それよりはずっと良いですからね。

「在庫処分で値下げする理由はよーく分かった。安く買えるならいーんじゃないの?」確かにそうですよね。こういった声が聞こえてきそうです。

ですが、よーく考えてください。

中古車相場は日々変動し、通常下がり続けてゆくものです。

3カ月前よりも今現在の相場の方が安くなっていて、先の例だと、3カ月前に100万円で仕入れた車が今現在は90万円で仕入れられる。

そうです。3カ月で相場が10万円下がってきているんです。

もちろん仕入れ値に利幅を設けて価格設定するのですが、仕入れ値が10万円下がっているぶん、車体価格も3カ月前より10万円安く設定出来ますよね。

要は、在庫処分価格と今現在仕入れる価格では差がないということ。

 

なにもお得になんかなっていない。

さらに言えば、3カ月以上も売れ残った中古車には必ず売れ残る理由があるといいうこと。

程度が悪い、タバコ臭い、装備が悪い、大きな修復歴がある、色が悪い、価格が高め、など、必ず理由があります。

中古車の場合、『残り物には福がある』ではなく『残り物には訳(理由)がある』んです。

何かしら難があり、数カ月間売れ残り展示場に放置されていると、鮮度といった面からも程度が損なわれていく可能性が出てきます。

車は機械ですしオイルなど適度に循環することで調子を保っている一面があります。

数カ月間もずっと展示場で停まっていた車と、昨日まで走っていた車では鮮度の違いが明確にあり、機械と言えども鮮度は大切な要素と言えます。

これらの理由から、中古車に関しては、在庫処分で値下げされているからといってお買い得であるとは限らないと言い切れます。

 

値下げされた価格自体が今の相場と比べた場合になんらお得感もなく、長期在庫になった理由を考えたとき、鮮度を考えたとき、むしろ購入を避けるべき中古車と言えます。

最後に、数カ月間もの間、売れ残ってしまう、逆に言うと売る力がない、売れる商品力がない、そういった中古車販売店から買うこと自体を考える必要もあるのではないでしょうか?

当店で買う必要はありません。相談だけでもOKです。

あなたがご予算の中で最大限賢い買い物ができますよう、お役に立てればこんなに嬉しいことはありません。

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

この記事があなたの車選びに少しでもお役に立てば嬉しく思います。
最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次