【埼玉でMPVの中古自動車を賢く買うポイント】最もお得な買い方をアドバイス!

格安ミニバン・格安ワンボックスカー専門店ラインアップです。

今回はMPVの中古自動車を買う時にあなたのニーズにあったMPVを賢く買うポイントをお伝えしたいと思います。

MPV後記型

MPV後記型

MPV前期型

MPV前期型

MPV中期型

MPV中期型

 

当店でも人気のマツダMPV、値段が手頃なものが多くワイドな室内、両側スライドドアのミニバンとして使いかってがとても良いですね。

ここでポイントがあります。

H11年式~H14年式までがいわゆる前期型となり、2000ccと2500cc(v6エンジン)の2種類の排気量があります。

この前期型はパワースライドドアの設定はありません。

次にH14年式~H15年式がいわゆる中期型となります。若干ヘッドライトや内装が違いますが、パッと見は前期も中期も違いが判らないです。

最後にH15年式~H17年式が後記型となり、ヘッドライトやバンパー形状などパッと見でも違いが判るかと思います。

そして、この中期型・後記型から両側パワースライドドアがオプション設定であるんです。

なので、中期型・後記型には両側パワースライドドア付きと無しの2種類があるのでご家族で使ったりする場合はとても便利な装備ですよね。

車両本体価格でいうと、前期型の走行距離5万KM~7万KMと中期型の走行距離10万KM位が同じ位のプライスとなることが多いです。

相場がそのあたりなんですね。

走行距離は少ないけど、両側パワースライドドア機能はなし。走行距離は10万KMだけど中期型で両側パワースライドドア機能付き。

これは迷いますよね。後記型になると10万円位は軽くプライスが変わってきます。

どれを選んだらベストなのかは言い切れません。(笑)

そんな時は実際に現車を見て使いかってを体感してどう感じるか?

家族みんなで車を見て家族みんなの意見を聞くのも良いかなと思います。

最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次