中古車購入で絶対に失敗するケース【車屋の店員との個人売買】

みなさんこんにちは、埼玉の格安中古車専門店LINE UPの菊池です。

中古車を購入しようと考えた時に、少しでも安く、お得に中古車を買いたい!と思いますよね。
状態の良い車が相場よりも安く買えたら・・

そんな気持ちは誰しも持っていると思います。
しかし、安いからお得かな?と買ってしまって失敗するケースがあります。

もし、あなたが中古車を見に車屋さんに行った時に、そこのお店の店員から「僕が乗っている車を安く売りますよ!」と言われたらどう思いますか?

これも実際にあった話です。

中古車販売店ですから、当然そこで働く社員は商品である中古車を勧めるのが当たり前で、もし希望の車がない場合はオークションから探してきたり、希望に近い車が入庫したらお知らせしたり、といった案内をお客さんにするのが通常になります。

しかし、店員が自分で乗っている車をお客さんに勧めてくるケースが信じられませんが、実際にあったりします。

そこで今回は、中古車購入で絶対に失敗するケースである、車屋の店員との個人売買について詳しく解説したいと思います。

 

ディーラーの営業マンや買取店の営業マンに多い傾向がありますね。

「今自分が乗っている○○の車を買いませんか?会社を通さず売りますからお得ですよ!、あっ、もちろん会社には内緒ですが。」みたいな感じのトークでしょうか…(笑)

「なんとなくお得な感じがするかも」と思ってしまう方もいるのではないでしょうか?

それで買ってしまったとします。

しばらく乗っていたら車に不具合がでた。

もちろん保証もなにも無い。なぜなら個人売買だから。

中古車販売店から買っているような気がするけど、実際はそこの店員との個人売買。だから何かあってもお店に連絡出来ないんですね。

中古車屋さんの店員の携帯電話に連絡するかたちになる。

店員もお店にバレたくないから必死で隠そうとするし、買ったお客さんを出来るだけお店に来させたくない。

はい、トラブルになるのは時間の問題ですね(笑)

あなたはこのような買い方をしたいと思いますか?

当社ではもちろんこのようなモラルの欠如した社員は一人もいませんし過去10年間で一度もありません。

ですが、ディーラー系や買取チェーンの営業マンにはこのような個人的な話をお客さんに持ち込む輩が多く存在します。

例えば、下取車を会社を通さずにお客さんから個人的に買い取って買取店に流しておこずかい稼ぎをする。自分の会社ではなくて知り合いの中古車屋さんにお客さんを紹介して紹介料のおこずかい稼ぎをする。

あるいは、新車を格安で販売するからといって手付金をもらっておきながら、実際には会社を全く通しておらず、のちに発覚しトラブルになる。

なぜディーラー系や買取チェーンの営業マンにこのような背任行為をしてまでコソコソとおこずかい稼ぎをする人間が多いのでしょうか?

当店の前代表は、独立前にディーラー系中古車販売店に勤務経験があり、そういったダメな先輩方の行為を目の当たりにしてきており、私によく「そんなしょうもない人間になるなよ」と言ってました。

結論から言うと、そういった社内の文化・慣習があるんです。何十年も前から代々先輩たちがそうやってきているんですね。

だから何とも思わない。当たり前の行為ですから悪いことをしている意識もきわめて低いんです。

前代表は中途採用でディーラーに入った分、いい意味で洗脳されていなかったので、ものすごく違和感があったと言います。

私自身も、はじめての仕事が当店での勤務だったので、このようなクルマ業界の汚い側面を教えてもらい「非常識すぎるな…」というのが正直な感想でしたし、オークション会場にはじめて行った時も、ごみのポイ捨てが当たり前の現場に衝撃を受けました。もちろん全員ではありませんが、座席数の7割がこのような状態です。

まとめますと、中古車を買う上で個人売買はとっても危険でオススメ出来ないのですが、その中でも、販売店の店員との個人売買、これは常識的に考えてもおかしい。と思いますよね。

そこにはモラルに欠けた人間とそれに便乗してしまうモラルに欠けたお客さんがおり、モラルに欠けた者同士の売買になりますので後々必ずトラブルになります。間違いありません。

絶対に買ってはいけない中古車。

それは、中古車自体の程度や質以外にも、買い方にも注意して賢くスマートに買いたいものです。

私たちは、お客様に正直な商売をしたいと思っています。
だからこそ、社員一同、できる限りお客様と一緒に希望のお車を探させていただきます。

ただ安いだけではなく、生活の一部である車は、お客様の家族の安全、安心も担保しなくてはいけません。
その上で、お客様に最適な保証などもご用意いたしています。

少しでも長く安心、安全に使っていただきたいからこそ、お互いが信頼できるような正直な商売を目指しています。

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

この記事があなたの車選びに少しでもお役に立てばうれしいです。
最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次