車買取店査定1万円の車をディーラーが10万円で下取り出来るカラクリとは?

こんにちは。埼玉県入間郡三芳町にある、中古車販売店ラインアップ代表の菊池です。

もし、あなたが車を買い替えるとなって今乗っている車を売却するとなったら、少しでも高く売りたいですよね。

今の車だいぶ古いし傷も多いから値段なんか付かないかもしれないなぁ、逆に廃車代とられちゃうかも・・
でも少しでもいいから値段付いたらうれしいな。

いざ車を手放すとなると、少しでも高く損をせずに売れたらいいなと思いますよね。

ですが、中には引っ掛け商法的なグレーな査定を行っている業者がいますので、引っかからないよう注意が必要です。

そこで今回は、車にうとい人が騙されるよくある代表的なケースをお伝えしたいと思います。
ぜひ最後までお読み頂きお役立てください。

 

目次

買取専門店の査定は1万円

ディーラーで新車を買おうかなと検討中のAさんは今乗っている車を近所にある車買取専門店に査定してもらうと、

買取営業マン「いやぁ、だいぶ古い車なんで本来は0円なんですけど、頑張って1万円で買い取りしますよ!

予想通りの結果だから、そうだよね。とAさん。

念の為、もう一社にも査定してもらうと、5千円という査定額が出て、納得したAさんでした。

ディーラーの査定は10万円!

その後、目当ての新車を見にディーラーを訪れたとき、ディーラーの営業マンから見積書の説明を受けながら、「んー、350万円かぁ・・これにオプション付けると400万はいくな、新車はやっぱ恐ろしく高い・・」と心のなかで思うAさんでした。

2回目のディーラー訪問のとき、なぜかアグレッシブに豹変した営業マンから怒涛のクロージングトークを浴びせられることに・・

新車営業マン「今日決めてもらえるなら、下取り車を10万円でとりますけどいかがですか」「下取り10万円でとれば決めてもらえますか!

車買取店でも1万円しか値段が付かなかった、誰がどう見ても廃車以外考えられないようなボロの車を10万円で下取りしてくれる!?

Aさんの心は今決めちゃおうかどうしようかグラグラ揺れます。

30分後「よし分かった!10万円で下取りしてもらえるなら今契約しよう!

Aさんは400万円の新車を契約したのでした。めでたしめでたし。

なら、いいのですが、実はAさん、得したわけではなくて騙されて損しているといった方がいいのかもしれません。

その理由を今からお伝えします。

ディーラーの高額下取りのカラクリとは?

これは本当によくあるケースで、車買取店では0円か付いても1万円のような古い車を新車ディーラーでは10万円で下取りするのは一見お得に感じますが、実は、引っ掛け商法に近いグレーなやり方なんです。

では今からカラクリを暴露しますね。

新車のほとんどは、10~30万円ほどの値引き枠があるんです。車によっては40万、50万という大幅値引きもあります。

ということは、

仮に値引き枠30万円の新車の場合ですと、

新車価格400万、30万円値引き、下取り0円で差し引き370万円で販売することもできるし、新車価格400万、値引き0円、下取りを30万でとって、差し引き370万円で販売することもできるわけです。

新車価格 値引き 下取り額 差し引き
400万 ▲30万 0万 370万
400万 0万 ▲30万 370万

要するに、値引き枠30万円を新車の車両代の値引きに使ってもいいし、下取りに振り分けてもいいんです。

じゃあ、もう一度Aさんのケースで考えてみると、

Aさんは400万円の新車を値引き0円、下取り価格10万円で契約したわけですが、もし、値引き枠が本当は30万円ある車だったとしたら、あと、20万円は引けたということになりますよね。

そうなんです、Aさんは実は、20万円損していて契約している可能性が高いんです。

こういった話をすると、「でも、値引きは1円も出来ない新車で、その分下取りを頑張って無理して高く10万円で高くとってくれたんじゃないの?それならAさんは得したのでは?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

あるいは、「買取専門店で1万円しか査定価格が付かなかった車を10万円でとってくれるんだからAさんは得でしょ!」と思う人もいるでしょう。

確かに、知名度の高い大手ディーラーがそんなグレーな引っ掛けするわけがないって思いますよね。

ですが、これはディーラーで昔から行われている常套手段なんです。ディーラーだけじゃなくて中古車販売店でも同じことをやっているお店が多いです。
ただ、違法ではないし、騙しているわけでもないですし、まさにグレーなやり方と言えます。

でも、ちょっと残念ですよね。

お店と担当者を信頼して、長くお付き合いしていきたいと思って契約するのに、実は営業マンに引っ掛けられていて詐欺ではないけども、お得感の演出でしかないという事実は残念でなりません。

下取価格で引っ掛けられないための予防策

これから紹介するフレーズが営業マンから出てきたら、高確率で下取り価格で引っ掛けてきていると思ってください。

担当営業マンが「決めてくれるなら、下取りを○○万円で高くとります!」というフレーズ。

あるいは、「決めてくれるなら、下取りをあと○○万円上乗せプラスしてとります!」似ていますがこれも引っ掛けのフレーズです。

こういった営業マンが全てダメだというわけはないのですが、利害関係でしかないので、長く良いお付き合いをするのは難しいでしょう。

一方で、下取り価格で引っ掛けたりしない、安心して任せられる営業マンが必ず言うフレーズをご紹介しますね。

下取りは買取店などいくつか査定して頂いて当社も含めて一番高く売れる所で売るのが最善の方法です。買う車と売る車は分けて考えた方がトータルでみたときお得になりますよ

このように、下取りを高くとることを餌に契約を迫ってくるのではなくて、お客様の立場になって、損しないお得な方法はどうすべきか、という提案をしてくれる営業マンは信頼できます。

せっかく高いお金を出して買う車ですから、損をせずに気持ちよく買いたいですし、買った後も長く良いお付き合い出来ると幸せですよね。

ぜひ、下取り価格で引っ掛けられないよう参考にして頂けたらうれしいです。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次