埼玉で初代アルファード中古車を買うならパワースライドドア故障に注意!

みなさんこんにちは。埼玉県入間郡三芳町にある、50万以下のワンボックスカーだけを扱う、格安中古車専門店、ラインアップです。

トヨタが誇る最上級のビッグミニバン、アルファードですが、エンジンやATミッションなど非常に丈夫につくられており、10年以上経過した10万km超えの初代10系アルファードでも故障が少なく、さすがトヨタ!と思わずにはいられません。

中古車価格も、初代アルファードは車両本体価格50万円を切る価格帯も多くなってきており、間違いなくオススメの一台と言えます。

ただし、中古で格安なアルファードを買うときに注意してもらいたいのは、「パワースライドドアの故障」です。

私も普段オークションで仕入れ業務をしていますが、初代アルファード(10系)はほんとパワースライドドア不良車が多く出品されています。

そこで、今回は、アルファードを買うときに注意すべきパワースライドドアの注意点をお伝えしたいと思います。

初代アルファードは全車両側スライドドアなのですが、

  1. パワースライドドア無し
  2. 左のみパワースライドドア
  3. 両側パワースライドドア

と、3パターンあります。

初代アルファード中古車

もちろんパワースライドドア付きが人気となり、とても便利な機能と言えます。

便利なパワースライドドアですが、平成14年から発売の初代アルファードはすでに10年以上経過してきていますので、中古で購入時にはパワースライドドアの故障には注意が必要です。

意外と多いアルファードのパワースライドドアの故障。

パワースライドドアの修理費用はとても高くつきます(5万円~15万円)

アルファード パワースライドドア

 

 

関連記事▶10万キロ超えのアルファード中古車は大丈夫なのか?

 

目次

どんな不具合が起こるの?


1.開閉しない

スライドドアのノブを手前に引いたら自動で開くはずのスライドドアが開かない。開くけれども閉まらない。または、室内のスイッチを押しても開かないし、閉まらない。

これはスライドドアを開閉させるためのスイッチ不良が考えられます。または、スライドドアモーターの故障が考えられます。いずれにせよ、中古車屋さんに下見に行った時に、いくら営業マンが「納車までには修理しておきますので大丈夫ですよ!」と言ってきたとしても、辞めるべきと言えます。完調なものを選びましょう。

アルファード パワースライドドアスイッチ

2.開いてる途中で閉まってしまう

これも問題ありです。全部開ききる前に途中で閉まってしまう症状も時々でることがあります。小さなお子さんが挟まれてしまう原因にもなります。

原因はセンサー系の不具合が考えられます。不具合が出るときと出ないときがあるので要注意です。下見の際は、何度かスライドドアを開け閉めしてチェックしましょう。

アルファードスライドドア

3.開閉中にゴゴゴゴ異音がする

開閉自体はきちんとするものの、ゴゴゴゴと異音があったりガタガタガタと振動が大きくする場合があります。原因としては、スライドドアの滑車の動作不良や溝にゴミが多く詰まっている。あるいは、事故歴による歪みも考えられます。

近い将来必ず開閉不良になりますので、絶対に避けておくべきでしょう。

4.開閉するものの、最後まで開ききらない、最後まで閉まりきらない

最後まで開ききらない、これは気付きづらいので要注意です。原因としてはワイヤーの伸びやレギュレターなどが考えられます。逆に最後まで閉まりきらないのはオートクロージャー(半ドア防止装置)の不良になります。

下見をするときは、最後までしっかり閉まりきっているかどうかを確認しましょう。閉まりきらない場合はインパネに半ドアランプも点灯します。

アルファードスライドドア02

5.開閉する速度がノロノロと遅い

開閉自体の動作はきちんとするものの、速度がノロノロと遅いケースがあります。正直これも気づきづらいと思います。基準の開閉速度が分からないからです。何台も同じ型のアルファードがあるお店であれば、比較してみましょう。

遅い原因としては、モーターが弱っている可能性が大です。近いうちにモーターが完全に故障し、開閉しなくなりますので購入は辞めておきましょう。

まとめ


初代アルファードのパワースライドドアの故障は意外と多く、修理費用も高くつきますので、購入するときにはシッカリと動作確認を行う必要があります。また遠方で現車を見ることが出来ないケースの時は、担当営業マンに必ず確認しましょう。

とはいうものの、パワースライドドアなどの電気系統は今現在が正常に作動していたとしても、突発的に不具合が起きる可能性があります。

そこで大切なのは、「購入後の保証」になります。

パワースライドドアも保証対象になっていれば、後々不具合が出てきてしまったとしても保証で無償で修理が出来れば心強いと言えます。

保証無し現状販売は論外、保証付きとうたっていたとしても初代アルファードでパワースライドドアまで保証対象になっている保証内容はあまり無いので、そもそも、アルファードを扱う販売店自体の見極めも必要といえるでしょう。

 

今回の記事が、あなたの車選びに役立てばばうれしいです。
最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次