50万円以下のミニバン・ワンボックスカーの中古車は値段の差が程度に大きく影響する理由。

埼玉のミニバン・ワンボックスカーを扱っている中古車販売ラインアップです。

あたりまえですが、中古車の場合、低価格帯になればなるほど程度の差も大きくなります。

安くなればなるほど程度がどんどん悪くなっていくわけですね。

例えば車両価格が150万円のエスティマ中古と140万円の中古車では10万円違いますが、程度はそれほど差がありません。

しかし、一方で車両価格が28.7万円のエスティマ中古と18.7万円の中古の10万円の差は程度がものすごく大きく変わってきます。

要するに50万以下のミニバン・ワンボックスカーの中古車は値段の差が程度の違いに大きく影響するといえます。

なぜ、低価格になればなるほど、価格の差が程度の違いに影響するのか、詳しく説明したいと思います。

 

「エスティマで車検2年付きコミコミ価格で30万円までで探しています」などと、過去に言われたケースもありますが、丁寧にお断りしています(笑)

車検を取得するための法定費用や整備費用や自動車税など原価ベースで15万円はかかります。

それ以外の展示コストや販促費用、他経費で5万円はかかります。この二つを合計すると20万円になります。

車両仕入代すらでませんし、もちろん利益も一切ありません。

車検2年付きでコミコミ20万円や30万円っていうのは商売をする上で現実的に不可能なんですね。

ちょっと考えればわかると思うのですが、コミコミ30万円とか時々言われるのでビックリします(笑)

最低でもコミコミ50万円~は予算立てしないと、ハッキリ言いますが、まず、程度が普通以上のエスティマ中古車は買えません。

何が言いたいかと言いますと、A店でコミコミ45万円でエスティマが売っている、B店ではコミコミ35万円でエスティマが売っている。このケースなんですね。

A店とB店では10万円価格に違いがあるわけですが、50万円以下の低価格帯のこの10万円っていうのはホント想像以上に大きな程度の差となりますから、ほとんどのケースで、B店の10万円安いエスティマはトラブル多発か販売店とトラブルで揉めて、「安かろう悪かろう」「安物買いの銭失い」になります。

安心安全に乗れるエスティマ中古であれば、100万円が目安といえるでしょう。

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

この記事があなたの車選びに少しでもお役に立てばうれしいです。
最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次