埼玉県でミニバン・ワンボックスカーの中古車購入時には初期投資額とリセールバリューのバランスを考えて賢い中古車購入を!!

埼玉県の格安中古車販売店ラインアップです。

ミニバンやワンボックスカーの中古車を購入する際に、予算を決めて探される方は多いと思います。

そのときに、初めて買われる方の多くはできるだけ年式の新しい車に乗りたい!と思うと思います。

車の初期費用と、もう一つ購入する時に考えるのが「リセールバリュー」です。

そこで、今回は「埼玉県でミニバン・ワンボックスカーの中古車購入時には初期投資額とリセールバリューのバランスを考えて賢い中古車購入を!!」について詳しく解説したいと思います。

 

目次

リセールバリューとは?

のまえに、初めて中古車を買う方のために、リセールバリューについて簡単にご説明します。

一度購入したものを販売する際の、再販価値のことです。

つまり、買取、下取り価格のことを言います。

この下取り価格は、市場のニーズによって価格は変わってきます。

中古車を買う時に考えた方が良いこととは?

当店で扱っている人気のミニバン、ワンボックスカーにはエスティマ、グランドハイエース、グランビア、セレナ、ステップワゴン、オデッセイ、MPV、エリシオン、などがあります。

これらの中古自動車を買う時にちょっと考えた方が良いことがあります。それはトータルでの出費額はいくらになりうるのか?

例えばですが、5年落ちの走行距離5万KM以内位のエスティマ中古を買うとした場合に現在の相場ですとおおよそ200万円位になります。

購入後、5年間使用して売るときにいくらで売れるのか?

おそらく50万円前後だと思います。そうすると、購入時に200万円支払って買ったエスティマが売却する時には50万円になりますので5年間で150万円実質払った計算になりますね。

これを安い買いものをしたと思うか、高い買い物をしたと思うか?難しいところですよね。

では、もう一例、10年落ちの走行距離10万Kmのエスティマ中古を60万円で購入し、5年後の売却時に0円で廃車処理してもらったというケース。

購入時に60万円支払って0円で売却ですから、5年間で60万円実質払った計算になりますね。

時々お客さんが言うのが「安いのを買って色々故障とかしたら逆に高くついちゃうから、100万円とか150万くらい出してちょっとでも年式が新しい中古、ちょっとでも走行距離が少ない中古、の方がトータルで出費が少ないと思う」みたいな事を言う方は結構います。でも実際そんなことは絶対にありえないのは上の2つの例を比較すれば分かりますよね。

たぶん、こういうことを言うのは、実際は分かっているけど、少しでも見た目のよい中古に乗りたい、新しい中古に乗りたい、その贅沢をしている気持ちを納得させるために自分自身に言い聞かせているセリフなのだと思います。大義名分が欲しいんですね。

車は嗜好的な要素ももちろんありますから、それはそれで、全然ありだと思います。

大切なのは、中古車を購入するときの初期投資額と再下取りの予想金額から試用期間の実質支払額がある程度、計算出来ますので、本当に賢い買い物をしようとしているのか、どうか。シュミレーションする方がよいかと思います。

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

この記事があなたの車選びに少しでもお役に立てばうれしいです。
最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次