10万キロ超えのミニバン中古車は大丈夫?購入する際の注意点やメリットデメリットとは

  
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
 
 

みなさんこんにちは!埼玉県にある「ミニバン専門店ラインアップ」代表の菊池です。

ミニバンを中古車で購入するとき、走行距離を気にする人が多いのではないでしょうか。

特に10万キロを境として、「10万キロ走行しているミニバン中古車は大丈夫なのか?」といった疑問を抱きがちです。

結論として、10万キロ以上走行しているからといって、一概に購入を見送る必要はありません。

  • 年式と走行距離の関係
  • 車両の状態
  • メンテナンスの状況
  • 修復歴の有無と内容
  • 保証の有無と内容

上記を意識して選べば、10万キロを走行していても、安心して快適に乗車できるミニバン中古車は見つかります。

この記事では10万キロ以上走行しているミニバンを購入する際の注意点やメリット・デメリットについてまとめました。

ぜひ参考にしてください。

10万キロの中古車でも安心して乗れる車は多い

10万キロの中古車でも安心して乗れる車は多い

結論として、10万キロを超えて走行している中古車であっても、安心して乗れる車は多いです。

中古車を選ぶときは、走行距離よりもメンテナンスや整備状況を重視する必要があります。実際、きちんと整備をし続けてきた車であれば、20万キロを超えても問題なく乗車できるでしょう。

例えば、1年1万kmに1回しかオイル交換をしない人が乗り続けてきた10万kmの車と、半年5000kmごとにオイル交換をしてきた10万kmの車では、エンジンの状態がまるで違うのは言うまでもありません。

雪国や海岸沿いなど、塩害が想定される地域を走った後に、必ず下回りの洗浄をする人と、しない人では、10年後のサビの進行具合は天と地ほどの差があります。

乱暴な運転をする人は、機関面にダメージが蓄積されますし、車に無頓着でメンテナンスも何もしない人が乗ってきた車は、何かしら調子が悪いことが多いです。

中古車を選ぶときに走行距離を見るのは間違いではありませんが、同時に中古車の現在の状態も必ず確認しておきましょう。

タクシーに使われているような車両は20万キロ・30万キロを当たり前のように超えています。企業の営業車も提携しているディーラーや整備工場にメンテナンスを一任していて、20万kmでも問題なく走っています。

機械ものなので、多少の当たりはずれや、細かい故障は起きますが、前のオーナーが大切に乗ってきた車は良質な中古車である確率が非常に高いです。

このことから、車両の状態=メンテナンス状況といっても過言ではありません。

逆に走行距離が少なすぎても怖い

逆に走行距離が少なすぎても怖い

走行距離が少ない中古車の状態がいいと考える人がいますが、それは大きな間違いです。走行距離が少なすぎても、不安要素となりえます。

一般的に、車の年間走行距離は1万キロ前後です。そのため、10年落ちのモデルの平均走行距離が10万キロ前後となります。

稀に10年落ちの車両が2万キロ~3万キロで販売されているのを見かけますが、この場合は長い期間車両が放置されていた可能性が考えられます。

仮に放置されていなかったとしても、車に乗る頻度が少ないため、あまりメンテナンスされていない車だと車両状態がよくないため、中古車選びの際は注意しましょう。

実際にオークション会場でも、多くの低走行車は出回っていますが、大事にメンテナンスされてきた低走行車と、放置車両のような低走行車では、落札価格が大きく違います。

走行距離が短くて値段が安い車は、一見魅力的ですが、大きなリスクを抱えている可能性も視野に入れておきましょう。

10万キロの中古車のメリット

10万キロの中古車のメリット

10万キロ走行している中古車のメリットとして、以下の項目を紹介します。

  • 価格相場が安い
  • 年間1万km走行・綺麗で機関面も調子の良い車は、その後も故障しにくい

このようなメリットが大きいです。

「10万キロの中古車の価格相場がどのくらいなのか?」「なぜ10年10万kmの中古車は故障しにくいのか?」詳しくみていきましょう。

価格相場が安い

価格相場が安い

中古車の価格相場は、10万キロを目安として、ひと段階下がります。そのため、10万キロ以上走行している車は安く入手できるのがメリットといえるでしょう。

中古車の価格は走行距離に応じて大きく変動し、走行距離が半分になれば価格は倍になります。10万kmで100万円の車が、5万kmで同じような品質なら200万円近くになります。

この価格差は、場合によってはコスパが悪く、結果的に損してしまうかもしれません。

また、仮に5万キロと10万キロの車に、それぞれ5年間乗ったとしても、その間にかかる維持費や修理費などで差額を埋めるのは難しいです。

少しでもコスパ良く中古車を購入したいなら、走行距離が10万キロを超えていて状態の良い車を選ぶことが賢い選び方と言えます。

年間1万km走行・綺麗で機関面も調子の良い車は、その後も故障しにくい

年間1万km走行・綺麗で機関面も調子の良い車は、その後も故障しにくい

中古車の中には、10年落ちで10万km走っているとは思えないくらい綺麗な車があるのは事実です。

良質な中古車の流通台数は決して多くはありませんが、大事に綺麗に乗っているオーナーさんは一定数います。

このようなオーナーさんたちが乗ってきた中古車であれば、オイル交換はマメにしていますし、そのほかの消耗品類も定期的に交換しています。

機関面も、異音や不具合があれば見逃すことは考えにくいですし、多少お金がかかっても良い状態でメンテナンスを続けてきているオーナーさんが多いです。

そのため、機関面に負担が少ない状態で維持されてきた中古車は、10万kmを超えても安心して長く乗れるので、「価格も大事だけど、安心して乗っていきたいな~」と考えている方には、このような中古車を選んで頂くのがオススメです。

10万キロの中古車のデメリット

10万キロの中古車のデメリット

走行距離が10万キロを超えている中古車のデメリットとして、以下の項目を紹介します。

  • 高い修理代が発生するリスクが有る
  • 下取り価格は期待できない

10万キロ走行しているからこそのデメリットですので、内容を確認していきましょう。

高い修理代が発生するリスクが有る

高い修理代が発生するリスクが有る

車の走行距離が増えると、どうしてもいろいろな場所が消耗していきます。そのため、無理な乗り方をしていなくても何かしらの故障が発生するかもしれません。

先ほどのメリットで述べたように、大切に乗ってきた中古車であれば、故障のリスクは低くなります。

しかし、中古車市場全体で見た時に、10万km超えの中古車の故障リスクは走行距離が少ない車よりも高いですし、エンジンやミッションなど故障箇所によっては修理代も高額になる場合があります。

車両価格を抑えて購入できるのはメリットですが、故障リスクはあるので、手厚い保証が付いていて状態の良い車両を選ぶようにしましょう。

下取り価格は期待できない

下取り価格は期待できない

10万km超えの中古車を購入して、5年後10年後に乗り換えを検討する時に、販売店に今の車を下取りに出すと思いますが、20万kmの中古車の買い取り価格は高くても3~8万円程度です。

人気車種なら20万kmを超えても高く買い取れますが、平均すると3~8万円です。軽自動車なら値段が付かないことの方が多いでしょう。

ただし、総支払額で換算すると、200万円で購入した中古車は、5年後平均下取り額は約25~50万円ですが、100万円で購入した車ならたとえ値段が付かなかったとしても総支払額は安いですよね。

下取り価格に期待が持てない10万km超え中古車ですが、長い目で見ていくとコスパが良い中古車の選び方だと言えます。

あとは所有欲や安全装備などの面で、高くても新しい車に乗りたいという人もたくさんいるので、何を優先するかでクルマ選びは変わってきます。

10万キロ超え中古車の注意点とは

10万キロ超え中古車の注意点とは

走行距離が10万キロを超えている中古車を検討する場合、以下2つの注意点は押さえておく必要があります。

  • 部品は交換されているか?きちんと整備するのか?
  • 機関面は問題ないか?

上記の注意点について、詳しくみていきましょう。

部品は交換されているか?きちんと整備するのか?

部品は交換されているか?きちんと整備するのか?

走行距離が10万キロを超えている中古車は、どうしても交換部品が多く出てきます。

それらの部品がこれまでにきちんと交換されてきたのかは必ず確認しましょう。

部品交換の有無に関しては、整備記録簿を確認すれば簡単に確認できます。

もし部品交換されていない場合や、記録簿が残っていない場合は、購入後の整備でどこまでメンテナンスしてもらえるかが重要なポイントです。

万が一購入後の整備が用意されていなかったり、車検を通すだけの最低限の整備しかしないなら、その店舗での購入は見送るべきです。

さらに、契約後に「車検に通らないので、○○の整備費用を別途お支払いお願い致します」というような、後から整備費用の請求がある場合も珍しくないので気を付けましょう。

10万キロ前後の中古車には、車検には通るけど整備しなければいけない部品(そのままでは、お客さんが快適に乗り始められない状態)もあります。

エアコンが効かない車、エンジンマウントやミッションマウントが劣化している車、パワースライドドアや電動格納ミラーなどのモーター類の調子が悪い車、ナビなどの電装品が壊れている車、内外装の補修が必要な車等々、新車と違って整備しなければいけなかったり、交換時期に来ている部品があります。

お客さんからすると新しく購入した車ですが、あくまでも新車から年数が経過した中古車ですので、どこまで整備してくれるのかを確認することが大切です。

機関面は問題ないか?

機関面は問題ないか?

走行距離が10万キロを超える中古車は、さまざまな箇所が消耗していきます。

そのため、機関面に問題や不具合がないかは必ずチェックしましょう。

具体的に確認すべき箇所の例として、以下のようなものがあげられます。

  • エンジンからの異音・異臭はないか
  • ミッションは滑っていないか
  • パワースライドドアなどの電装部品は正常動作するか
  • エアコンの効きに問題はないか
  • ナビは使えるか
  • 下回りの状態はどうか
  • 車内のニオイはどうか

中古車購入時にチェックすべきポイントはこれだけではありません。内装や外装の状態や車の安定性など、気になるところは事前に確認しておきましょう。

細かいチェック方法は、こちらの記事で解説しているので是非参考にしてください↓

>>中古車ミニバンを購入するなら試乗が大切!チェックしておくべきポイントを徹底解説

10万キロの中古車を購入する際のポイント

10万キロの中古車を購入する際のポイント

10万キロの中古車を購入するときにチェックすべきポイントは以下の通りです。

  • 整備内容と機関面の状態をチェックする
  • 修復歴の有無と修復箇所の確認
  • 試乗をする
  • 保証付きの中古車を購入する

4つの項目について、詳しくみていきましょう。

整備内容と機関面の状態をチェックする

整備内容と機関面の状態をチェックする

 

ここまで述べたように、10万キロ走行している中古車購入時は、納車前の整備内容と、機関面の状態を必ずチェックしなければなりません。

機関面に不具合があると車の故障につながり、快適なカーライフに大きな影響を及ぼします。

エンジンやミッションは30~60万円前後の高額な修理費用が発生しますし、エアコンだって安くても8万円前後の修理費用が発生します。

下回りのサビ腐食があると、癌のようにどんどん進行してしまい、サスペンションまわりが折れたり、ドライブシャフトが折れたり、マフラーが脱落したり、という走行に支障が出るトラブルに直結しますし、修理するとしても下回り全てを交換しなければいけないので、直しようがないと断られてしまうケースがほとんどでしょう。

車内のニオイも、ルームクリーニングやエアコンフィルター交換で落ちないニオイが多いので、ニオイが気になる場合は別の車を選ぶべきです。

なお、中古車購入時は車両の状態はもちろんですが、店舗選びにもこだわる必要があります。もし、細かい車両状態を確認させてもらえないのであれば、その店舗での中古車購入は控えましょう。

修復歴の有無と修復箇所の確認

例:修復歴の有無と修復箇所の確認

クランプ跡がある場合、その付近が修復歴箇所の場合がある

10万キロ以上走行している中古車購入時、修復歴の有無と修復箇所はこだわるべきポイントの一つです。

修復歴の有無を確認し、もし修復しているなら「どの箇所を修復しているのか?」を確認しましょう。

また、どの程度の修復なのかを確認し、メインフレーム修復やルーフ交換まで修復している場合には注意が必要です。

フレームの損傷は車の安定性や安全性能に影響を与えます。

万が一事故を起こしてしまった場合、一度ダメージを受けた車体が、二度目の事故でも同じように衝撃を吸収することはできません。

エンジンなどの機関面に大きなダメージが残っていたり、エアコンからガラス片が飛んできたり、直しても直しても再発する原因不明のトラブルも起きやすくなります。

このような重度の修復歴はリスクがあるため、購入はやめておきましょう。

反対に、リアフロアの修復歴(後端の修復歴)など機関面に影響を与えにくい軽度の修復歴であれば、少しだけ安く購入できるのが魅力です。

多くのミニバンはFF車(前輪駆動)ですので、リアの軽度の修復歴は、リアゲートの開閉不良や修復箇所のなどに気を付ければ、お買い得な中古車選びになります。

とはいうものの、車に詳しくないユーザーが修復箇所を見定めるのは難しいので、第三者機関の鑑定書が付いている中古車から選ぶことが大切です。

鑑定書があれば、修復箇所と修復度合い(軽度・中度・重度)、走行距離の改ざん、機関面の状態、下回りのサビ腐食、内外装の状態などが記載されるので、一般ユーザーでも車の状態が一目で分かります。

試乗をする

試乗をする

10万キロ以上走っている中古車購入を検討する場合は、必ず試乗するようにしましょう。

いくら外装や内装が綺麗な中古車であっても、実際に走ってみると違和感を感じる場合があります。

例えば、私たちが中古車を仕入れる業者オークションでは走行して試乗することはできません。あくまでもその場でエンジンをかけて作動させることが出来る範囲での下見です。

プロの私たちでも、「念入りに下見したのに、いざ店頭に届いて走行チェックしてみたらミッションやハブベアリングから異音が出ている」なんてこともあるので、勢いで購入する前に必ず試乗してチェックしてみることが重要です。

特に走行中の異音やまっすぐ走るかは、乗ってみなければわかりません。また、運転してみると思ったより視界が悪かったり、うまく乗りこなせない場合もあります。

ただし、試乗サービスを実施していない中古車取扱店も多いです。

試乗ができないと購入後のトラブルにも繋がるため、可能な限り試乗サービスを実施している店舗選びを心がけましょう。

手厚い保証付きの中古車を購入する

手厚い保証付きの中古車を購入する

走行距離が10万キロを超えている中古車を購入するときは、必ず保証付きの車両を購入しましょう。

保証がついていれば、万が一故障した場合でも修理ができるため安心です。

いくら車両状態が良くても、故障する時は故障します。新車ですら保証が付いているのですから、故障リスクが高い中古車こそ保証に加入しなければいけません。

10万キロ走行している車はさまざまな箇所を消耗しています。

「状態の良い車を選び、手厚い保証に加入する」

中古車購入は、どこまでリスクを回避できるかが大切です。

1か月1000kmや3ヶ月3000kmまで、エンジンの中の一部分のみ保証、買った店舗でなければ保証が受けられない、車両本体価格までしか修理できない等々、意味のない保証も多いので、保証の有無だけでなく内容までしっかりと確認するようにしましょう。

まとめ:大切なのはいま現状の状態と手厚い保証付きの中古車

大切なのはいま現状の状態と手厚い保証付きの中古車

今回は「10万キロ以上走行しているミニバン中古車を購入しても問題ないのか?」という点について解説してきました。

結論として、走行距離が10万キロを超えていたとしても、車両選びと保証選びをきちんとすれば問題ありません。

そのためには、現状をきちんと確認できる店舗での購入が必須です。

また、万が一の故障が起きたときでも修理対応できるように、手厚い保証付きの車を選ぶべきといえます。

当店ラインアップで扱っているミニバンのほとんどは10万キロ以上走行していますが、程度が良い中古車を厳選して仕入れていますし、入庫して故障個所が見つかり次第しっかり修理して展示しています。

全車試乗可能で、最も手厚い保証付きで販売させて頂いておりますので、お客様が安心してお乗りいただけるようになっています。

安心して乗れるミニバン中古車を探しているのであれば、無料相談もしていますので、お気軽にお問い合わせください。

ラインアップ 無料相談

The following two tabs change content below.

菊池 宥孝 / Hirotaka Kikuchi

埼玉県にある「ミニバン専門店ラインアップ」の代表です。当ブログでは、これから中古車ミニバンを選ぶ方たちに役立つ内容を発信しています。是非参考にしていただき、後悔しない中古車選びをしてもらえたら嬉しいです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. HIDライト

    ミニバンの賢い選び方【車種・注意点】

    HIDライトって何?ディスチャージとは違うの?

    中古車を探しているとよく見かける「HIDライト」・・・一体なんの事…

  2. エスティマ 
  3. 子育て世代のミニバン

    ミニバンの賢い選び方【車種・注意点】

    子育て世代にミニバンが人気な理由とは?

    こんにちは、埼玉県入間郡三芳町にあるコミコミ80万円以下のミニバン専門…

  4. ノア・ヴォクシー 中古車 エンジン異音

    ミニバンの賢い選び方【車種・注意点】

    【買ったらヤバイ!】ノア/ヴォクシー60系はエンジン異音を必ずチェック!

    みなさんこんにちは。埼玉県入間郡三芳町にある、50万円以下のミニバン・…

  5. 中古車 ローン 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. ミニバン コンパクトカー 

    ミニバンの賢い選び方【車種・注意点】

    ミニバンかコンパクトカーで迷っている子育てパパママに知っておいて欲しい車選びのポ…
  2. MPVラジエター

    MPVの中古車を賢く買う方法

    【埼玉のMPVの中古車情報】知らないと損をする!高確率で故障する箇所とは?
  3. エスティマ50系 アエラス

    エスティマの中古車を賢く買う方法

    エスティマ50系(前期型)の気になる口コミ評価
  4. エスティマ50系

    エスティマの中古車を賢く買う方法

    【エスティマ50系ってどんな車?】別格のゆとりと高い走行性能を色々な角度から徹底…
  5. 車検 中古車

    プロが教える中古車の選び方【初心者向け】

    【本当?】中古車は車検が長く残っている方がお得なのか?
-->
PAGE TOP