ミニバン・ワンボックスカー中古車の修復歴有りは程度が悪いのか?

みなさんこんにちは、ミニバン・ワンボックスカーの中古車専門店ラインアップです。

中古車を探しているときに見かける「修復歴」の有り、なし。
「修復歴が有り」とあるとなんだか危ないのではないか?
故障が多い車なのか?と不安になりますよね。

本日は「修復歴」についてお話しようと思います。

カーセンサーやGOOネットなどにも修復歴の有無が記載されていますが、修復歴というのは一般的にみなさんが言うところの、いわゆる「事故歴」になります。

厳密に言うと事故歴と修復歴は違うのですが、詳細はこちらをごらんください。

 

目次

 修復歴のある車を否定することは本当に正しいのか?

先日実際にあった話です。

当店では、担当営業マンが、鑑定書を見せながら必ずその車の修復歴の有無をお客さんに説明するのですが、担当営業マンが商談しているグランドハイエースが修復歴ありだったんですね。修復箇所はリア周りの軽微なレベルのもの。

そしてそれをお客さんに説明していたところ、お客さんの態度が激変したんです。

お客さん「修復歴ある車は乗りたくない!一度衝撃を受けているから骨格が必ず歪んでいるハズだ!後々故障がどんどん発生してきて、修理代もかかるハズだ!」

事務所に居たので話が聞こえてきたのですが、いわゆる全否定です…(笑)

その話を聞いて、私が思ったのは「あ、残念だな、まあ思い込んでる訳だし、何を言ってもムダだろうし、仕方ないかぁ」こんな感じですかね。

確かに、修復歴ありの中古車よりも、修復歴なしの中古車の方が、「修復歴」というところだけで比べたら無い方がいいに決まっています。

ですが、中古車の程度の良し悪しを判断する際に、私たちプロは一つの目安にしかしていないんですね。

例えばですが、修復歴無しのグランドハイエースの中古があったとします。

でも、東北地方で使われていた車両で下回りはサビで腐食している、ボロボロな車な訳です。でも、修復歴は無し。

あるいは、過去に縁石に乗り上げたりして下廻りを強打していて、足回りが曲がっている、燃料タンクも打って凹んでいる、ラジエター下部周りも打って曲がっている、でも修復歴無し。

あるいは、走行距離メーターが交換、あるいは改ざんされており、実走行ではなくて走行不明な車。でも修復歴は無し。

あるいは、職人さんが仕事で使用していたグランドハイエースで、常に重い重機や荷物を積んで走っており通常よりもそうとうATミッションに負担がかかっている、仕事用の車だから扱いも雑で室内もかなり汚い。でも修復歴は無し。

これらのケースは修復歴は無しだけれども、車の程度としたら最悪なわけです。絶対に買ってはいけない中古車になります。

なので、修復歴というのは、あくまでも程度を見極める一つの目安でしかないんです。

程度の良し悪しはトータルで判断する必要がある!

先の話のグランドハイエースに関して言えば、古い車ですから、平成12年式とかなので、既に15年前の車なわけです。

誤解を恐れず言ってしまうと、15年落ちの中古車で走行距離が10万km走っているグランドハイエースの中古車に関して言えば、修復歴は有りでも無でも、どうでもいいんですね。そもそも、何年前の修復なのかすら分からないですし。

 

一番大切なのは、今現状の状態が良いか悪いか?

これに尽きます。

10年以上経っている、10万km走行している中古車に関して言えば、軽い軽微なレベルのものであれば、修復歴の有無なんか大した問題ではないんです。

過去の整備記録簿があるかないか?修復歴があるかないか?ワンオーナーなのかどうか?

そんなこと、どうでもいいんです。

大切なことなのでもう一度言います。

それよりも、これだけの期間、これだけの距離を走ってきている車の、今のコンディションがどうなのか?ここが大切なんですね。

先入観に囚われてしまうと本当に納得できる車を見つけられない場合があります。
プロの意見に耳を傾けつつ、損をしない車探しをしていきましょう!
私たちは、お客様と一緒に「買ってよかった!と言っていただける車探し」をサポートします!

今回の記事が、あなたの車選びに役立てばばうれしいです。
最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次