買取車(下取車)のダイレクト販売は、お得などころか危険がいっぱい!

埼玉のミニバン・ワンボックスカーの格安中古車専門店、ラインアップ代表の菊池です。

もし、あなたが、営業マンに「このお車は買取車なのでとってもお得ですよ!」と言われたら、そうなのかなと思ってしまう方が多いのではないでしょうか?

確かに、買取車や下取車をダイレクト販売!と聞くとなんとなく安く買えそうなイメージはありますよね。

結論から言うと、安く買える場合もあれば、逆に高くなってしまう場合もあります。

「えッ!下取車の直売なのに高くなってしまうことなんてあるの?」こんな疑問も出てくるのではないでしょうか。

さらに、買取車(下取車)を直接購入するということには実は大きなリスクが存在します。

そこで今回は、中古車選びの際、買取車(下取車)はなんとなくお買得だと思い込んでいるユーザーへ正しい知識をお伝えしたいと思います。

 

目次

買取車(下取車)のダイレクト販売とは?


【一般的な中古車流通の仕組み】
ユーザーが買取店(中古車販売店)へ売却

買取った車をオークション会場へ出品

落札した中古車販売店が店頭へ並べ販売

【ダイレクト販売】
ユーザーが買取店(中古車販売店)へ売却

買取った車を店頭へ並べ販売

ダイレクト販売とは、ユーザーから買い取った(下取した)車を店頭に並べて販売すること。

メリット…オークション相場よりも安く買い取れることがあり、その分、店頭プライスも安く提供できることがある。

デメリット…オークション会場を通していないため、第三者検査員の評価がないので車の程度の見極めは一営業マン次第。競合が多くオークション相場より高く買い取ってしまい、結果、店頭プライスも高くなってしまうことがある。

買取店の矛盾を斬る


ダイレクト販売 矛盾

「高価買取!」「どこよりも高く買取ります!」買取店で良く見るキャッチコピー。

買取る価格はオークションの落札相場が基準になっており、例えばオークションで落札相場が100万円の車であれば90万円で買い取った場合に10万円の売却利益が出ることになります。

基本的にはオークション相場からの逆算で買い取り価格を決定する。

ただし、買取店には競合が非常に多いため、A店で査定したら90万円、次にB店で査定したら「うちは95万円で買取りますよ!」さらにC店で査定したら「うちは100万円で買取ります!」こうなる訳です。

「え、オークションで100万円の相場なんだから100万円で買い取っちゃったら利益が出ないし買い取る意味ないじゃん」普通こう思いますよね?

ですが、これには買取店の裏事情があるんです。

買取店の多くが「最低でも月に何台買い取る」といった台数のノルマがあり、それに対して歩合給が付くので、買取りスタッフは高くてもどんどん買い取って台数稼ぎに走ってしまうため、「安く買い取る」本来の目的から外れてしまう実態があります。

そもそも論ですが、高く買い取ったら安く販売出来るわけが無いですよね?

さらに余談ですが、ディーラー系の中古車販売店では新車の下取車が多く店頭に並んでいます。ディーラー系中古車販売店の営業マンは口を揃えて言います「こちらのお車は新車の下取車なのでお安い価格になっておりお買得ですよ!」これにも大きな疑問があります。

ディーラーの使命というのは、新車を販売すること。新車を買ってもらうために、下取車の価格はそれはもう、いっぱいいっぱまで高く値付けします。なぜなら、新車の値引き額には限度があるので下取車を高取りすることで調整するんです。

結果的に新車を販売するために相場無視で高く下取した車がディーラー系中古車センターに送られダイレクト販売することになります。

言うまでもなく、ディーラー系で扱う新車の下取車は全くお買得ではない理由がここにあります。

関連記事▶「ディーラー系中古車販売店」は本当にお買得車が勢ぞろいなのか?

ダイレクト販売が危険な3つの理由


①事故車を無事故車で販売!?
ダイレクト販売 事故車

よく、○○認定査定士といった査定士資格のようなものを謳っていますが、その会社独自のものであり信憑性に欠けます。
また、新人からベテランまでいるため、修復歴や機関面の程度の良し悪しを判断し見極める力に差があり、故意ではないにせよ、事故車を無事故車と誤って査定しそのままダイレクト販売されてしまうことほど怖いことはありません。

関連記事▶【要注意!】中古車修復歴あるのに「なし」と情報誌に掲載

②走行距離は本当に正しい!?
ダイレクト販売 走行管理システム

故障してメーター交換歴のある車や、高く売ろうとするあまり走行距離メーターを改ざんしてから買取店に持ち込む悪徳なユーザー(悪徳中古車販売店のなりすまり)も一部存在します。例えば20万kmを5万kmへメーターを巻き戻した車に気付かずに査定してしまった結果、5万kmの相場で買い取ってしまい、そのままダイレクト販売してしまうことも。

オークション会場を通している場合は「走行管理システム」という第三者機関で実走行なのかどうか、改ざん歴があるのか、検査済みなので安心ですが、ユーザーから直接買取り(下取り)で、「走行管理システム」を通していない場合、改ざんされている可能性は否定できません。

関連記事▶「中古車の走行距離」信じて良いのか?改ざんの手口と対策方法とは。

③価格が安いと思い込んでしまう!?
ダイレクト販売 高い

「この車は買取車(下取車)なのでお買得ですよ!」こんな風に言われるとなんとなく安く買えてお得なのかも。と思ってしまうのではないでしょうか?

さらにベテランの営業マンだと追い打ちをかけるように、「通常はオークション会場から仕入れるのですが、こちらの車はユーザーから直接買い取ったのでオークションで仕入れるよりも安く買い取ることが出来るんです。だからプライスもそのぶんグッと安く出来るんですよ。」ここまで言われると本当っぽいですよね?

ですが、【買取店の矛盾を斬る】の章でも書いたように、買取店のキャッチコピーは「高価買取!」「どこよりも高く買い取ります!」これなんですよ。

競合他社が多いため、買取価格がどんどん吊り上がっていってしまう…その結果、オークション相場よりも高く買い取ってしまうことも。そうなると、本当は…「この車は競合してどこよりも高く買い取った結果、残念なことにオークション相場よりも高くなってしまったんですよ…なので販売価格もやや高めとなってしまっています。」これが正しいんです。(笑)だけどこんなこと口が裂けても言えない。

本当にお買得なダイレクト販売とは?


✅買取店スタッフの査定を信じるのは危険。修復歴の有無や走行距離が実走行かどうかを書面で保証される第三者機関の「中古車鑑定書」これが付与されていること。

✅販売価格が安いかどうかを見極める一番簡単で確実な方法は「買取価格(下取価格)がどこよりも安いこと。」これに尽きます。
ダイレクト販売 優良店

よって、その買取店(中古車販売店)では買取りできる車の台数は少なく、販売している車の台数は多くなります。さらに、営業マンから「当店では〇〇万円での査定額が限界なんです。他の買取店さんも色々と回って頂ければもう少し高く買い取ってくれるお店があるかもしれません」このように正直に言ってくれるお店。

こういったお店は信用出来ますし、無駄に価格競合して高く買取り(下取り)してしまい、相場より高い価格でダイレクト販売することも極めて少ない本物の優良店と言えます。

今回の記事はいかがでしたでしょうか?

この記事があなたの車選びに少しでもお役に立てば嬉しく思います。

最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次